アプリビレッジ

おすすめのゲーム・スマホアプリの情報やストーリーをホットに公開中!

【マジカミ】第2部 第1章「シンセンディストピア」メインストーリーのあらすじ・感想・考察

公開:2019年10月25日(最終更新:2020年10月24日)

皆さん、こんにちは。アプリビレッジのもりすかだ。

前回は悪魔いろはによって産み落とされた双子のいろはの話から、一気に大円団まで突き進んでいった。これで終わりかと思ったら、実はこれからが本番で、様々な「可能性」の中から生まれた世界の中で最善を探り当てるための戦い「サバト」の開幕となる。

どんな展開になるのかこの段階では想像もつかない。何もわからない状況でダラダラと話していても意味がないので、さっさと今チャプターのストーリー紹介を始めていこう!

エピソード1「髪を下ろした魔法少女」

気がつくととびおは不思議な空間にオムニスとして存在していた。渋谷なのはわかるが、なんかいつもよりフラフラする感覚。花織が悪魔になったときが頭をよぎるが、それがどれくらい前のことだったのか、その続きを思い出そうとしても脳に膜がかかったようにうまく考えがまとまらない。

渋谷のスクラブルなのに人気もなく、見たこともない赤黒い夕焼けが辺りを包んでいる。みんなは一体どこへ行ったのだろう。いつものカラオケルームへとびおは向かう。

そこにいたのは髪を下ろした女の子。オムニスであるとびおを見て「生きていたんだ」と驚いた声を上げる。その少女はりりだった。髪を下ろしたことで全く違う印象に感じる。髪型を変えたことを口にすると、りりはおどおどした態度で変えてないと言う。イメチェンしたことを全く認めない態度、いや、それどころか元からこうだったかのような反応にとびおは戸惑いを隠せない。

いろはたちのことを聞こうとすると、「今さらなに言ってる……?」と真剣に答える。そこにはなびと依子がやってきた。りりと同様にオムニスを見て驚き、そして、責めてくる。

わけがわからない状況に戸惑っていると悪魔の出現をスマホが通知した。出現場所は「武良穂」、すると依子が安心した声をあげ、チャンスだとうそぶく。意味不明な言葉ではあったが、いつも通りに悪魔の場所へ行こうと依子が止める。

「なんで助けなきゃいけないの?」

話がズレまったく咬合わない。さらにりりはもう戦えないと嘆く。うじうじとするりりにはなびは今は変身ができないことの方が問題だと呟く。それに対して、とびおは自分が傍にいないときは当然だと答える。そんなやりとりを繰り返しているうちに「武良穂」の魔法少女達が気になり、とびおは一人カラオケルームを飛び出した。

エピソード2「束の間のモテ期」

武良穂から少し離れた場所で悪魔に囲まれた蒼と丹の姿を見つけてとびおは二人を呼びかける。悪魔が出てきているのに、ユラギが発生していない初めての状況に戸惑うが今はそんなことを気にしている場合じゃない。オムニスに気がついた二人は不満げな声を上げる。

話もそこそこに変身もせずに蒼たちは悪魔と戦い始めた。変身もせずに戦い続ける二人にとびおはサッサと変身しろと叫ぶ。怪訝な顔をしながら、スマホを使い蒼は変身した。変身した自分を見て蒼と丹は信じられないモノを目にしたような顔を見せ、あっさりと悪魔たちを退治する。。

悪魔たちを倒すと、丹は様子を見に来ていたはなびたちの姿を見つける。ドスの利いたとても冷たい声で話しかける。まるでにくい宿敵を見つけたような声だ。

オムニスがいれば変身できる。そう言い返すとはなびと依子は変身し、オムニスを渡せと蒼たちに迫る。当然のように蒼たちはそれを拒否。変身できるきっかけがオムニスなら絶対に渡せないと答える。

とびおにはこの状況がわからなかった。自分を取り合い美少女たちが争う姿はモテ期のようで気分が良いが、マジゲンカになっているのは勘弁して欲しい。「みんなのオムニスってことで」とおちゃらけて答える。

だが、そんなことでは収まらないらしく、仲間同士でマジの戦いを始めた。慌ててとびおはみんなをやめさせようとするが、とまることなく、そして――

蒼の放った一撃で依子が倒れる。

エピソード3「闘いの鍵」

とびおは依子を助けようとするが丹より確保され、どこかの教室に連行されてしまう。仲間同士で何をやっているんだと丹に尋ねると、丹は不思議な顔で「いつも通り戦っているだけだ」と答える。そこに蒼もやってきた。なんとかはなびたちを撒いてきたらしい。もうなにがなんだか、とびおにはわからない。陽彩とエリザはとっくに死に、とびおは喜んでいたなんて話を聞かされてしまっては……

話を聞いてとびおは吐きそうになってしまう。オムニスという体でなければ、おそらく吐いていただろう。どうしてそんな鬼みたいなコトが出来るんだと、とびおが叫ぶとおかしいのはとびおだと丹は言う。そもそも、こうやって戦うように仕向けたのはとびおで、最後の一人になれば望んだ結果を得られると魔法少女たちを焚きつけたらしい。

とびおを責める蒼や丹の姿を見て、白オムニスのことを思い出す。ここにいるのは自分の知っている彼女たちじゃなかったら、いつの間にか違う可能性の彼女たちを引き寄せてしまったのだろうか。そして、悪魔たちがまた出現する。オムニスがいれば楽勝だと言っていた蒼たちだったが、今度はとびおが近くにいても変身はできなかった。

放たれた魔力

変身ができないなら仕方ないと、蒼は生身のままで悪魔たちと戦い始める。自分が時間を稼いでいる間に丹だけでも逃げて伸びてくれと……しかし、丹は蒼を置いて逃げるコトなんて出来ない。あっと言う間に囲まれ、丹は倒れてしまう。

それを近くで眺めていたはなびとりり。とびおは二人に気がつくと助けを求めるが、花火はそれを拒絶する。このままじゃ、みんなが死んじゃうと、今まで戦いを拒んでいたりりが魔法少女に変身した。そして、そのまま怒りに任せて力を放つ。

あれだけいた悪魔たちをりりは一撃だけで全て殲滅させる。惨状を見てリリは俯く。自分の凄すぎる力が怖くて、りりは戦うのが嫌になったようだ。

エピソード5「潰えた可能性」

命を削り逢いながら、魔法少女たちは最期の一人をかけて戦い続けなければならない。すでに自分の知っている魔法少女の大半は命を落とし、多くの一般の人間たちも悪魔の犠牲になっている。こんなバカげた戦いを持ちかけたのは他でもないオムニス。自分の別の可能性だ。

とびおはこの世界のオムニスのことが不意に頭をよぎる。なぜ、こんな戦いを魔法少女たちに強いているのか、その理由が知りたくなった。丹を失った悲しみで蒼は自らの命を絶とうとする。それを止めたのはりり。

とびおは自分の知り得る知識で、こんな戦いは間違っている。魔法少女たちが戦えば良いのは悪魔たちだけだと告げる。蒼は自分が騙されていたと、今までの戦いを悔いる。そんな中、突然大きな地震が襲う。揺れと共にそこに現れたのは巨大な悪魔。

その力は絶大であっと言う間に魔法少女だったモノたちがバラバラになってしまう。そして、とびおの目は静かにブラックアウトした。

次のエピソードへ続く >>

CHAPTER13「シンセンディストピア」の感想

これはきつい。正直かなりきつい話だ。ゲームの世界だと割り切っているとどのキャラが強いのかなんてバトルを簡単に起こせるし、使えないヤツは縁力どんどん斬り捨てられた。しかし、そこに意識があり、人として戦っているなんて思ったら、どのキャラが強いなんて気軽に試せない。むしろ、誰が強くても愛情を持って育てられればそれで良いんじゃないかと思えてしまう。そう言った意味でも今回のチャプターは、ゲームでキャラに順位をつけて喜んでいるプレイヤーたちにすべてに一石投じた形になっていると言っても過言ではない。

おそらく、このチャプターでこの話は終わり、また別の世界の話になるだろうが正直かなり後味の悪いチャプターだった。狩りに進むのだとしたら、救いのある話になるのだろうか。ストーリーがどんどん進むのは嬉しいが、寄り道的な話で残虐性が高いのはつらい。次回は世界に救いのある感じで前に進んでいる感じの話をお願いしたいところだ。それではまた次のチャプターで!

よく読まれている記事

同時に読まれている記事

書き込みはこちらから