アプリビレッジ

おすすめのゲーム・スマホアプリの情報やストーリー・ネタバレ・面白い口コミをひっそりと公開中!

職場体験を老人ホームで行うことになった魔法少女たち。チアガール姿で全力で応援していると悪魔がやってきて……?

公開:2019年09月01日(最終更新:2020年11月16日)

みなさん、こんにちは。もりすかだ。
いつも読んでくれてありがとう。

今回は2019年8月28日13:00~9月3日23:59まで行われている、イベント「も~ろく! がんばれご長寿運動会!」のストーリーを紹介していく。魔法少女モノなのに、も~ろくとか年寄りを想像させるタイトル。一体どんな内容になっているのか検討もつかない。魔法少女たちが老人になるという誰得な展開だけは避けて欲しいところだ。それでは中身を期待しながら見ていこう。

オープニング:ギラツキー行進曲

夏も終わり、風が寂しさを増していく季節。セイラとはなびは老人ホームの職場体験に向かっていた。だるそうな声をあげるはなび。それをセイラが宥める。学校が違う二人だったが、偶然日付が重なり一緒の職場体験となったようだ。

そして、さらに偶然は続き、おばあさんの荷物を運んでいた花織と遭遇する。

お礼と言うこともあり、花織も一緒に老人ホームへ向かうことになった。

セイラたちは運動会の手伝いだと思ってやってきたが、実際老人ホームに来てみるとどうやら応援をする役目らしい。老人ホーム対抗で行われる運動会の応援でチアガールが欲しいとせがまれ、引き受けることになった。

1話:死兆星の舞

流されやすい花織はあっさりとチアガールの衣装になり、どこか楽しそうな顔を浮かべる。それに対し、セイラは恥ずかしいそう。はなびは思いっきりイヤな顔をしていた。そして、さりげなくセクハラを仕掛けてくるおじいさんたち。それぞれの思惑が交差する。

チーム名が「アルコル(死兆星)」と見ると死期が近づくと言われる不吉な星の名前。不謹慎極まりない名前に誰もが驚く。だけど、その潜在能力は高く、相手チームを綱引きで圧勝する。このままなら余裕で優勝できそうだ。

そう思ったのも束の間、急激に相手チームも追いついてきた。相手チームにもチアガールがいて、応援していることに気がつく。

それはどこからどう見てもニンフ。応援の力は本物らしく「カワユイ」と楽しげに声を出すたびに、おじいさんたちが誘惑され、相手チームが有利になる。

ニンフの応援で結構な点差をつけられてしまった。そして、残すところは「玉入れ」だけ。最後の競技と言うだけあって、勝ったときの点数が大きくなっている。ここをとればなんとか逆転できそうだ。

気合いを入れて応援しようとしたが、花織のポンポンがなくなっていた。それは花織だけじゃなく、セイラ、はなびも同様だ。そのポンポンを盗んでいったのは、相手チームのニンフたち。

返せと言いにいくとニンフたちは消えるように逃げていった。

2話:見よ、ニンフは帰る

ニンフたちが逃げ込んだ先は倉庫の中。完全に追い込んだと安心していたが、中には誰もいなかった。中を探してみるとやはりいつもの「バカアワビ」が見つかる。どうやら、ポンポンを自分たちの巣へ持ち帰ったようだ。

バカアワビの話をはなびにしていると、おじいさんたちがやってくる。脳天気に会話をしながら、バカアワビの中に入っていく。花織たちは慌ててその後を追い、バカアワビに躍り込む。

気づかないうちにおじいさん、おばあさんが次々に中に入り込んでくる。なんなら全員ついてきたのではないかと思う人数だ。戻るためのバカアワビを見つけて、全員をバカアワビに導こうとする。しかし、その出口はニンフたちによって塞がれてしまう。どうやら先にニンフを倒さないといけないようだ。

3話:天国と地獄と悪魔

もはやニンフなど相手にもならず、魔法少女たちは次々に屠っていく。それを見ている老人たちも応援の声を上げる。そして、なぜか急に杖を持って戦いに参加し、あろう事かニンフたちを倒しはじめた。ニンフが弱いのか、おじいさんたちが強いのかよくわからない状況だ。

気づけば全てのニンフは退治されていた。ニンフを倒すと落とすという「悪魔の涙」も大量に獲得し、研究に使うというエリザと陽彩へのお土産として持って帰ることになった。たくさんあって集めるのが大変なので、多く集めたチームの勝ちという形で、老人たちにも協力を仰ぐ。

たくさんあった悪魔の涙を全て回収し、花織たちは元の世界に帰還する。老人の数も全員揃っていた。

エンディング:アルコルよ永遠なれ

戻ってくると早々に職員たちからの質問責めにあう。急に老人たちが消えたことで町中を探し回っていたようだ。花織たちは怒られそうになるが、それを老人たちが庇ってくれた。そんなやりとりを見ながら、数え忘れていた「悪魔の涙」をはなびが数える。30対31でアルコルチームの勝ちのようだ。

「も~ろく!がんばれ ご長寿運動会!」の感想

敵チームのチアガールがニンフだったところで、ギャグで終わるとは思ったがそのまま本当にギャグで終わった。若干、ストーリーの練りが甘かったような印象だ。実際のテキストも他に比べると若干短い。1週間程度しかやらないイベントなので、それほどストーリーに力を入れられないのはわかるが、もう少し頑張っても良かったのではないだろうか。

バカアワビは魔法少女たちにしか見えないとか、そう言う設定があるかと思ったが、老人たちにも普通に見えていた。何かそこに秘密があるのだろうか。悪魔の涙の研究も始まっているようだし、新しい情報が出てきそうだ。これからのイベントにも期待していきたい。ということで、また次回!

前の記事

次の記事

よく読まれている記事

同時に読まれている記事

書き込みはこちらから