アプリビレッジ

おすすめのゲーム・スマホアプリの情報やストーリー・ネタバレ・面白い口コミをひっそりと公開中!

魔法少女たちの身体が入れ替わる。それぞれの悩みを体験しながら、違った悩みを抱えることになっていく。

公開:2020年10月10日(最終更新:2020年11月20日)

皆さん、こんにちは。もりすかだ。
いつも読んでくれてありがとう。

今回は2020年9月30日18:00~10月16日23:59まで開催されているイベント「うちの名は。」のストーリーを紹介していく。どこから見てもビックタイトル「君の名は。」からパクっ……げふんげふん、リスペクトしたとしか思えない素敵なタイトルなので、誰かと誰かの身体が入れ替わるに違いない。

「うち」という一人称は花織にも当てはまるが、前回のイベントで花織はかなり出てきた。つまり、一人は依子であるのが予想できる。まあ、画像に大きく依子と小さくマリアンヌがでているので、この二人が入れ替わるのは確実だ。

時間軸がズレているというタイトル元からネタまでそのまま持ってくるはずはないと思うので、どんな話になるのか全く想像ができない。期待しながら見ていこう。

オープニング:アイドルの憂い

「お疲れさまでした~!」と元気な挨拶をして依子が控え室を出る。夕方のラジオにゲストとして呼ばれたのだが、初めてで緊張してしまい、うまくしゃべれなかった。

ネットで評価を見てみると良いことを書き込んでくれる人もいるが、大半が誹謗中傷だ。子どもっぽさや体型、胸のサイズにまで言及されていて、依子はますます落ち込んでしまう。

1話:まな板注意予報

十月だというのにまだ蒸し暑い日が続いていた。それでも気温や天候に関係なくイベント毎は開催される。いつものカラオケルームで魔法少女たちはその話題で持ちきりだ。

ハロウィンのコスプレの話で、胸が小さいことを悩んでいる花織はどんな衣装も似合わないとネガティブな意見を口にする。そこに反応した依子は、胸が小さくても魅力的だと思う人はたくさんいると反論した。しかし、とことんネガティブな花織はそれさえもフォローとは受け取らず、ますますヘコむばかり。

そんな時、ここあからみんなに変なメッセが届く。なんでもいろはがバカアワビ潜入中に行方不明になったらしい。魔法少女たちは急いで現場に向かう。

バカアワビを見つけるとすぐに変身して、中に入っていく。そこは不思議な生物が生い茂る森のような場所だった。薄暗い森の中でデュナミスフィア(スマホ)を使い、いろはがいる方に向かって進む。

いろはを見つけて声をかけると、自分の元気を示すように両腕をぶんぶんと振り回した。しかし、いろはは片手に何か持っていたらしく、それが悪魔たちを呼び寄せてしまう。

2話:Bodies & Souls

悪魔を無事に倒し終えた魔法少女たち。いろはに何をしていたのかと尋ねると、手に持っていた物をみんなの前に出す。

それは黴体生物だった。前に食べたときに胸が二倍くらいに大きくなったから、ハロウィンの時に使おうと思って持ってきたようだ。その話に一番反応を見せたのが花織。そんな物を食べた覚えはないらしい。しかし、黴体生物を食べると酔っ払ったりして、まともに記憶があるときの方が珍しい。

仮にそれが本当なら、花織も欲しいと騒ぎ始める。もちろん、いろはは胸がないと悩んでいる花織のために持ってきていた。いろはの優しさに感激の涙を流す花織。迷い込んでいる一般人もいなさそうだし、いろはも無事だったので探索は終了となった。

翌日――

トーストの焼ける香ばしい匂いと、何かを油で炒める景気のいい音で依子は目を覚ます。パソコンかテレビでもつけっぱなしにしていたのか、寝ぼけ眼で起き上がると、なぜか視線も高く、肌の色も普段に比べて明らかに白い。しかも、メガネをかけている。一体何が起きたのか、突然のことで頭がついていかない。

部屋の中をよく見てみると見たことのある部屋。ここがマリアンヌの部屋だと気がつくのに、それほどの時間はかからなかった。そういえば、昨夜はマリアンヌの家に泊まったような気がする。そう思って安心したところで、不意に胸に手が当たると普段では絶対に感じないような弾力が伝わってきた。胸がデカくなっている。

そこに部屋をノックしてマリアンヌの母親が入ってきた。起きてるなら、依子ちゃんを起こしてごはん食べにおいでと、自分に向かって言ってくる。咄嗟に、マリアンヌのような返事ができたのは、自分が女優の卵だからだろう。返事を聞いて、マリアンヌの母は出ていった。

慌てて鏡を見ると、そこには青い顔をしたマリアンヌが映っていた。何度瞬きしても変わらないその顔。どうやら依子はマリアンヌと身体が入れ替わってしまったようだ。

3話:くちびるネットワーク

昼休みの聖チャールズの食堂。さすがにこのままじゃバレちゃうと言うことで、りりに相談を持ちかけた依子とマリアンヌ。しかし、話を聞いたりりは、信じられないと言った顔を二人に向けた。

疑わしい話だが、悪魔の仕業という可能性もある以上、全てを否定できない。それにわざわざ演技をして、騙すメリットもないだろうとオムニスが補足する。

速攻でコンタクトレンズを入れて、髪の毛を綺麗整えたマリアンヌ(依子)を見て、マリアンヌは自分の身体でもこんなに綺麗になるのかと驚いていた。褒め合って喜んでいる二人にオムニスはどうやって元に戻るんだと質問をする。二人は顔をしかめて、入れ替わった方法に覚えがあると告げた。

昨日、異世界から帰る前にいろはが持っていた黴体生物に似たものを見つけた依子。ネットの書き込みもあり、若干胸の大きさを気にしてため、それを手に取ってしまう。そこにマリアンヌが話しかけてきて、慌てた依子はあろう事か、黴体生物を食べてしまった。さらにふらついているように見えた依子に、マリアンヌは急いで近づく。勢い余って二人揃って倒れてしまい、互いの唇に唇が触れ合う形でキスをしたようだ。

話を聞いてりりはますます呆れ顔になる。間違いなくそれが原因だろう。次に行ったときに同じコトを試してみることになった。

そしてやってきた異世界。周りに煽られながら、もう1度試してみる。

しかし、元に戻ることはなかった。けれど、前回は目が覚めたときに元に戻っていたから、今回も同様に明日の朝になったらも戻るかも知れない。そんな希望を抱いていたが、一晩経っても身体は入れ替わったままだった。

いつものカラオケルームにやってきて、依子とマリアンヌの事情を聞くと、みんな大はしゃぎ。色々な質問をぶつけていく。魔法少女への変身は、身体本来持ち主のスマホでしかできないらしく、慣れない武器での戦いになりそうだ。そして、最大の問題が依子の仕事。来週には文化祭のライブに招待されている。戻れなかったときの事を考えて、マリアンヌの特訓をすることになった。

4話:遊びじゃないのよ仕事は

生粋のインドア派であるマリアンヌは歌もダンスもからっきしダメだ。根本的なところから教えないといけないので、特訓も難航している。周りからの意見も取り入れていく中で、「ぎこちなさ」も「かわいい」になると知った依子。実際にそう言う目で見るとマリアンヌ(依子)のダンスは可愛く見えた。

だけど、自分はカワイイアイドルになりたいのか。そんな疑問も湧いてくる。そして、自分が一体どんなアイドルになりたかったのか、わからなくなってしまった。自分の気持ちを誤魔化すように、マリアンヌへの指導も厳しくなっていく。

それでも一向にうまくなる気配を見せないマリアンヌ。見かねたエリザが特別な環境を用意した方がいいと言い出す。

エリザに連れてこられたのは、人が大勢いるビルの屋上。みんなに見られながら踊るのが手っ取り早いと考えたようだ。確かに一理あるが、すでに知名度のある依子に下手な歌とダンスをさせたら、ネットで炎上しかねない。仕方なく、依子はマリアンヌの身体で歌い、踊って見せた。

その姿を見て、自分の身体でもそんなに素晴らしいことができるんだと、マリアンヌは感激する。依子が人だかりができるほど、みんなを魅了していると、スラリとした長身で顔立ちの整った三十代くらいの男性が笑顔でやってきた。依子がパッと緩くなる。どうやら憧れている先輩俳優のようだ。

こんなにカワイイ娘がいるなら、紹介して欲しかったと、マリアンヌが入っている依子に向かって言う。返事に困っていたマリアンヌを助けるため、賞賛しながらも説明文のような形で先輩について話していく。

事務所に入る気になったら電話してくれと、自分の名刺を依子が入ったマリアンヌに渡す。普段の自分に対する態度と大きな隔たりを感じ、依子は憔悴してしまう。

マリアンヌは大きくため息を吐く。ライブはもう明日。どれだけ練習してもダンスや歌がうまくならず、今度の文化祭で依子に迷惑をかけてしまうことを気に病んでいた。そんなマリアンヌに依子はハッキリと告げる。マリアンヌがどんなミスをしても関係ない。それでダメになるなら最初からその程度のアイドルだったと。

そんな心温まるハートフルなやりとりをしていると、奇妙な気配を感じたのか、そばにいた蒼が険しい顔をして振り返る。そこには白いシーツに顔を描いたような大きな何かがこちらを見ていた。

前の記事

次の記事

よく読まれている記事

同時に読まれている記事

書き込みはこちらから