アプリビレッジ

おすすめのゲーム・スマホアプリの情報やストーリー・ネタバレ・面白い口コミをひっそりと公開中!

嵐の日、ひょんなことから助けた女の子。なぜか自分たちが対策班であることを知っていて……

公開:2019年12月20日(最終更新:2020年12月03日)

皆さん、こんにちは。アプリビレッジのもりすかだ。
いつも読んでくれてありがとう。

前回は倒れてしまった班長に何してあげたいと女の子たちが思う話だった。今回はてっきりお見舞いストーリー2かと思っていたが、タイトル「嵐の一夜」を見るに生温いストーリーにはならないような気がする。まあ、気がするだけなので、実際のところはよくわからない。ということで早速見ていこう。

「嵐の一夜」第1話

レイヴェルは「目的」の進行が遅れが生じていることを、エミットに報告していた。「保険」の準備はできており、「推測」はいい感じに進んでいる。対策班が予想以上に頑張っているため、エナジーの回収を効率良く行えていないことが「目的」の遅れを生じさせている原因だ。

対策班に興味を持ったのか、エミットは話を聞いて少しだけ目を細める。

今日は「クッキーマシュマロ」と「ペンギン組」の合同でジャマー対策に海まで来ていた。ある程度退治したがジャマーの反応がまだ残っていて、もうすぐこのあたりは暴風域になってしまう。本部に戻るのが困難と言うことで、近くのホテルに宿泊することになった。

大雨と風で停泊できない船を見つけ、飛び出していく陽菜。それに風香もついてきた。海辺に出ると、アイとルイに遭遇する。

二人も船の手伝いにやってきたようだ。みんなで力を合わせたことで、なんとか事故に遭うこともなく、小型客船を港に停泊させられた。中からお客さんたちを降ろし、残す乗客は一人の女の子だけだ。

だが、そこで突然錨(いかり)と船体のロープが外れてしまう。さらに追い打ちをかけるように強風と波がやってきて、船が流されていく。まだ、風香やルイたちも船に乗ったまま。

陽菜はとっさにその船に飛び乗る。そして、船は沖からどんどん離れていく。

「嵐の一夜」第2話

陽菜たちが流されたことはレインたちの耳に入ってきた。

どうやらあの後、近くの島に座礁したようだ。その島は漁師さんたちの休憩所にもなっている島。蓄電システムもあり、わずかではあるが食料もある。嵐が通り過ぎれば、救助も可能だ。

ひとまずは安心と聞いて、みんなはホッと胸をなで下ろす。

島に流れ着いた陽菜と風香、アイ、ルイは一緒に漂流した女の子に話しかけていた。

彼女の名前は恵美、中学に通う三年生。昔この辺りによく遊びに来ていて、懐かしさから今日は一人で船に乗ってやってきたようだ。

そんな話をしていると、いきなり恵美がジャマーと戦う理由を尋ねてくる。深くは考えたことはなかったが、答えるならやっぱりこれしかない。陽菜は笑顔で返事をした。

「嵐の一夜」第3話

翌日になると、班長が迎えの船を呼んでくれて、陽菜たちは無事に戻ってこられた。恵美もみんなに礼を言って去っていく。その後ろ姿を見送りながら、陽菜の中に小さな違和感が生まれる。

自分たちのことは「特務科学省 特別防衛局」だとは言ったが、「対策班」の話はしていない。それなのに、どうしてジャマーと戦っている対策班だと彼女が知っていたのかが謎だ。

その時、不意にレインがジャマーの反応が消えていたことを呟く。陽菜はそれを聞いて、ハッとする。

ジャマー反応が消えた理由は……

「嵐の一夜」の感想

とうとう姿を見せたエミット。恵美が出てきた瞬間からエミットだとわかるキャラだった。ドレスアップ時の胸のなさにも驚いたが声優さんの声の使い分けに、もっと驚いた。こんなにトーンを変えてしゃべられるものなのかとびっくりだ。

そろそろ時間がなくなってきたとエミットが最後に発言したことから、だんだんと積極的にあらざる者たちが動き出すに違いない。そして、きっと上位互換の悪役チームがでてくるのだろう。

なんていうか、どんなストーリーでも悪の組織が全員素顔を見せたら、もう直接対決は近いような気がする。まあ、これも気がするだけで、実際にはその法則に当てはまらない名作だってたくさんある。

ということで、今後の展開は神のみぞ……いや、メーカーのみぞ知るだ。次回にも期待しよう。それではまた!

次のエピソードへ

前の記事

次の記事

あなたにおすすめ

よく読まれている記事

同時に読まれている記事

書き込みはこちらから