アプリビレッジ

おすすめのゲーム・スマホアプリの情報やストーリー・ネタバレ・面白い口コミをひっそりと公開中!

月額課金のサービス開始、初月無料&星5確定で持ってないキャラを必ずゲットできるぞ!

公開:2020年11月08日(最終更新:2020年11月28日)

「アナザーエデン」は2020年11月2日より、継続プレミアサービス(月額課金)、「星天の導証」3900円と「大地の導証」600円を開始した。それぞれが独立したサービスとなっており、片方だけ入ればいいと言うものではない。

「星天の導証」は「大地の導証」の上位グレードではあるが、「大地の導証」でしかもらえないアイテムや報酬もある。今回はそれぞれのサービスを見ていこう。

それぞれのサービスについて

大まかな点では非常に酷似している「星天の導証」と「大地の導証」だが、さすがに値段が6倍以上も違うので、大きく異なる点がいくつかある。

こちらの表を見てもらうと非常にわかりやすい。まず共通しているのが「アナダン保険」

アナザーダンジョンという高難易度ダンジョンがあるのだが、そこではクリアしないとアイテムを持ち帰ることができない。「夢詠みの書」というゲーム内で最も大事なアイテムを運良く手に入れたとしても、クリア出来なければ意味がないのだ。しかし、この「アナダン保険」があれば、ゲームオーバーになっても持ち帰ることができる。

一件便利そうに思うが、ある程度キャラの育成が進んでいくと高難易度でも負けることがなくなってしまう。そのため、本気で課金している人にはまず不要なサービスになる。

上級者がクリア出来ないようなダンジョンがこの先追加されれば話は別だが、そうなったら、おそらく初心者では絶対にクリア出来ない悲惨な難易度になってしまうに違いない。今後そのような方向にシフトしていくための布石なのかも知れないが、そうなってからでも課金するのは遅くないだろう。

他にも試練がそれぞれにあるが、どちらも独立しているため、両方の報酬が欲しければ、両方とも月額課金に参加しなければならない。その場合、毎月4500円かかる。中々割高だ。

「記録」→「勲章」→「試練」でどのような物がもらえるか見られるので、自分の目で見てみるといいだろう。天と冥を多く上げられたり、クロノス石が多く手に入るのは個人的には嬉しい。ただし、それに毎月4500円払えるかと言われると微妙だ。

ざっくりとではあるが、ここまでは2つのサービスの似たところを紹介した。ここからは違いを見ていこう。大きな違いとなるのは、「星天の導きのともしび」「大地の導きのともしび」「七星のかけら」だ。

「大地の導きのともしび」とは?

「大地の導証」では、星5になる星4に出会えるガチャ券を「大地の導きのともしび」毎月もらえる。最高入手難易度の「夢詠みの書」を多数使うので、クラスチェンジは簡単にはできないが、どうしても欲しいキャラなら、星4でも十分に嬉しい。

ガチャだとどんなにお金を使っても手に入れられるかわからないが、「夢詠みの書」だけなら毎日手に入れるチャンスがあるし、外伝などでまとめてもらえる。いつか必ず集まると思っていれば、ゲームへのモチベーションも上がっていく。

「星天の導きのともしび」とは?

一言で言うと10連ガチャチケットだ。無償、有償問わず、なんでも回せるので、星5確定ガチャを回せば、毎回確実に星5を手に入れられる。ただし、ガチャの開催は不明であるため、絶対に星5確定とは言い切れないところが厳しい。とは言え、課金してガチャを回しているなら、確実にお得なサービスとなるだろう。

他にも「星天の導証」には素晴らしいメリットがある。それは「七星のかけら」だ。

目玉となるのは好きな星5がもらえる「七星のかけら」

毎月3900円と決して安くない金額を払い続けることになる「星天の導証」では、なんと3ヶ月に1度、好きなキャラ7体を選んでランダムでどれかが排出される素敵なガチャを引くことができる。

7体以上持っていないキャラがいれば、確定で新キャラを手に入れることができる。それが3ヶ月に1度となるとすぐに全てのキャラを揃えることができそうだ。まあ、そこまでうまくは行かなくても、毎月のように星5確定ガチャを引いたりもできるので、新しいキャラが欲しくて、ガチャにたくさん課金をしているなら、ピッタリのサービスになる。

反対にほぼ課金をしないような人でも、初回無料分だけを使えば、無料で新キャラを手に入れられる。クレジットカードの登録やポイントの追加などハードルは多少あるが、期限内に解約をすれば完全無料なので、チャレンジしてみる価値は十分だろう。

課金者にも無課金者にも今回のサービスはぜひとも登録して欲しい。おすすめのサービスだ!

前の記事

次の記事

よく読まれている記事

同時に読まれている記事

書き込みはこちらから