アプリビレッジ

おすすめのゲーム・スマホアプリの情報やストーリー・ネタバレ・面白い口コミをひっそりと公開中!

【アナザーエデン 時空を超える猫】ペルソナ5Rとの夢のコラボが開催。すべてのストーリーをクリアすれば、最高レアの「ジョーカー」と「モルガナ」が仲間に加わるぞ!

公開:2019年12月12日(最終更新:2020年11月07日)

「アナザーエデン」では、2019年12月12日より「アトラス」がPlayStation4にて販売中の大人気RPG「ペルソナ5ザ・ロイヤル」とのコラボ「双魂の絆と虚ろの傀儡子」を開始した。このコラボは全3話からなるストーリーモノで、すべてのストーリーをクリアすれば、「ペルソナ5」シリーズの主人公「ジョーカー」とその相棒である「モルガナ」を仲間にするコトが出来る。

クエストの受注方法はメニュー「記録」内にある「協奏」をタップするとその中に「ペルソナ5」のアイコンが登場している。もしも見つからないときは各社のアプリストアへ行き、最新版へアップデートしておこう。クエストの発生条件はメインストーリー第13章のクリアが必須となるので、こちらも合わせてチェックだ。

プロローグに関してはメインストーリー2章をクリア直後でも受けられるので、もしもまだ「アナザーエデン」をやったことがない人がいたらこの機会に始めてみよう。数十分もやっていれば「ペルソナ5」のプロローグを自分の目で見られるようになる。しかも、プロローグでは「アナザーエデン」のキャラを使用しないのでクリアするのも用意だ。それではコラボストーリーを見ていこう!

プロローグからペルソナ5の世界観が広がっている

プロローグを開始するといきなり「ペルソナ5」を音楽から始まり、「ジョーカー」が登場する。「ペルソナ5」で遊んだことがあるプレイヤーなら激しい感動を覚えること間違いなしだ。モルガナが猫バスとして登場し、場所はランダムダンジョンである「メメントス」で、敵ももちろんシャドーの姿になっており、感慨深い。

戦闘に総攻撃が使われていたり、スキルにはペルソナ5の定番でもある風のスキル「マハガル」があったりと、ファンなら思わずにやけてしまう演出が数多く込められている。一応、ペルソナ5の11月頃の彼らになっており、そこには「クロウ」を除く全メンバーが揃っている。

「かすみ」に関してはプロローグでは出てこないが、実際にゲームでもこの時期は仲間になっていないので当然だろう。その後、パルスやペルソナやそれらの話がざっくりと出てくるが、正直、ペルソナ5を遊んだことがないプレイヤーへの配慮はなく、単語として出てくるだけだ。まあ、別にわからなくてもストーリーには影響しないので、割愛しているとも言えるが。

そんなわけでメメントスで狩りをしていたら、謎の声を聞き、アナザーエデンの世界にやってきた。というのがペルソナ5のプロローグだ。バルオキーに案内され、この後彼らがどうなっていくのかは、自分たちの手で確かめていこう。

ペルソナ5の見せる演出の数々

プロローグでも見られるが総攻撃の最後に出てくる演出はペルソナ5でも使われており、それがスマホの画面で見れるなんて感動の一言だ。キャラたちの声がないところは残念だが「アナザーエデン」では基本的にキャラにボイスがないのでこちらに合わせたと考えるべきだろう。音楽も随所ではペルソナ5の音楽が使われており、ペルソナ5の雰囲気を壊すコトなく、本作「アナザーエデン」と融合を果たしているところは素晴らしい。

これでストーリーを全てクリアすれば「ジョーカー」と「モルガナ」が最高レアで仲間に加わってくるのだから最高だ。もちろん、性能に関しても壊れとは言わないが、それなりに高い評価を得ており、ガチャで良いキャラを手に入れられない人にはかなり使える二人になっている。特にモルガナに関してはヒーラーをかねることが可能なので、引きが弱いとヒーラー不足になってしまうゲームだけにクリアするだけで確定でヒーラーが手に入るのは大きい。なによりモルガナの走る姿が昔のコミカルなアニメのようで可愛い。

主人公であるジョーカーは星4で仲間になり、ストーリークリアで星5が解放される。もちろん、こちらもアタッカーとして優秀で、弱点攻撃ができれば、ペルソナ5と同じように「1more」の追加攻撃が出来るようになっているのが非常に使えるぞ。

全てのキャラが揃っている人にも使えるなどと大きいことは言わないが、まだキャラを持っていない人やペルソナ5のファンでアナデンをはじめて見ようと思った人には手軽に手に入る素晴らしい仲間になるだろう。ぜひ、まだ「アナザーエデン」で遊んだことがない人がいるようであれば、この機会に新しくはじめてみて欲しい。オートバトルやマルチ要素は一切なしの、戦略性のある本格ターン制のバトルでRPGが好きな人は間違いなく夢中で遊べるスマホゲームだぞ!

前の記事

次の記事

よく読まれている記事

同時に読まれている記事

書き込みはこちらから