アプリビレッジ

おすすめのゲーム・スマホアプリの情報やストーリーをホットに公開中!

【Soul Land(ソウルランド)】中国で大人気のアプリが日本にも登場! オートで進行していく中でベストセラーを出した小説を元にしたストーリーが輝くぞ!

公開:2019年11月06日(最終更新:2020年02月22日)

「Soul Land(ソウルランド)」は2019年11月6日に37gamesがiOS / Android向けにリリースした、中国で大人気でベストセラーを獲得した異世界ファンタジー小説「斗羅大陸」のストーリーがそのまま再現されたMMORPGだ。

崖から飛び降りることで、やってこれると言われている世界があった。その世界では6歳になると誰でも「武魂」と言う力に目覚められる。「武魂」は「魂獣」から手に入れることができ、使用者に凄まじい力を与えてくれる。「シュレック学院」では「武魂」を用いた授業が行われ、正しい知識を生徒たちに与えている。プレイヤーはその学園の生徒となり、卒業、世界の謎に向かって突き進んでいくストーリー。

中国産のゲームで適当な翻訳機にかけたような面白い会話が続き、正直な話をすると何を言っているのかよくわからない会話も多い。それでも原作がしっかりとしている作品だけあって、先を読んでしまいたくなる独特な味がある。1度ハマってしまったら、クセのある翻訳ないと物足りなくなってしまうほどだ。

基本的にオート進行できるゲームになっているので、忙しい人でもコンピュータに任せておけば自動的にクエストを進めてくれる。時間のある時にプレイヤーはゆっくりとストーリーを楽しむだけでいい。「武魂」を用いた育成要素もしっかり備わっており、やりこみ要素として十分な量。ストーリーよりもゲーム性が大事で、変な翻訳だと文句を言わない人におすすめのスマホゲームだ!

サクサクと進んでいくストーリーが魅力的

昔「シュレック学院」には7人の落ちこぼれがいて、実力不足を嘆いた彼らは協力し、実力を伸ばしていく。その相乗効果は高く、気がつけば学院内で怪物と呼ばれ、優秀な成績を残せるほどになっていた。その後、彼らの話は伝説となり、毎年、シュレック学院では成績が優秀な7人を畏怖の念を込めて「シュレック七怪」と呼ぶようになる。

「唐三」「舞」「戴沐白」「朱竹清」「オスカー」「寧栄栄」「馬紅俊」の7人が、今のシュレック学院におけるシュレック七怪だ。プレイヤーは最初に性別を選ぶことになるが、男を選べば「唐三」、女を選べば「舞」となる。この二人は愛し合っており、恋人関係にある。

本作は仲間たちと互いを高めあいながら、恋人を作っていくと言うテーマがある。なので、「唐三」と「舞」、「戴沐白」と「朱竹清」、「オスカー」と「寧栄栄」がそれぞれペアになる形だ。唯一余った「馬紅俊」は超軽く美女なら誰も良いような素振りを見せている。しかし、その実、大事な人を失ってその傷が未だに癒えないという痛々しい経歴を持つ。

そんなわけで、それぞれのカップリングがどのように恋愛していくのかも本作の見どころになっている。ベストセラーになった小説がベースになっているだけあって、本作のストーリーもかなり素晴らしい。先の展開にワクワクしながらゲームを進めていこう。

放置するだけでレベルもクエストもオールオーケー

本作は画面の下にクエストや次にやるコトが表示されており、それをタップするだけで自動でキャラが動いてくれる。敵と戦うことはもちろんのこと、クエストキャラの所に勝手に移動するところまでセットだ。いちいち、人を探したり、戦闘をしたりしなくてもいいので、非常に楽で助かる。

自動オートシステムはゲームをやっている気がしないと賛否両論な機能ではあるが、正直な話、1つのゲームにそれほど時間をかけられない現代では、なくてはならない機能だろう。誰もが時間が有り余っているわけではない。むしろ、ゲームをしながら、こうやって記事を書けていることを考えるとかなり素晴らしい機能だと言える。

もちろん、画面をフリックしたりすれば自分で操作もできる。どうしてもオートが嫌だと言う人は使ってみよう。そんな感じでぽちぽちとタップしているとクエストはどんどん進んでいく。ストーリーはクエストの合間に発生し、タップ待ちの状態になる。見落とすことがないので安心してオートに任せておいて問題ない。

自動がメインのゲームではあるが、キャラの育成はしっかり出来るようになっており、本作には「武魂」に「魂環」に組み合わせることで、10万種類以上のコンビネーションスキルが派生する。色々なスキルを見て回るだけでもかなりの時間遊べるゲームだ。

「魂獣」を狩りながら「魂環」を集めていき、カスタマイズしたコンビネーションスキルを使って、ゲームをより有利に進めていこう。各種育成メニューが豊富にあり、遊べば遊ぶだけゲームが魅力になるのは嬉しいところだ。

ここがGOOD

  • 安易な課金ガチャに頼らず、ゲーム内で一歩一歩キャラを育てられる
  • 原作に忠実なストーリーで先の展開が非常に気になる

ここがBAD

  • お金を使って「俺強ぇぇぇ!」したい人には不満を感じさせるシステム
  • 翻訳機にかけたような日本語で意味不明なときがある

まとめというか総評

ガチャという要素に頼ることなく、キャラを育てていける点は昔のMMORPGならでは、素晴らしいゆっくりと装備が集まって、余っている装備スロットがだんだん埋まっていくのは気持ちがいい。ハイレアリティな装備であればなおさらだろう。

最近のゲームでは武器や防具もガチャで集めるゲームが多い中で、きちんと敵と戦って得られた武器や防具というのは何ものにも代えがたい嬉しさがある。何度も言うがストーリーは中国でベストセラーをたたき出した原作があり、面白くないはずがない。問題になる点と言えば、拙い日本語の対応だが、今回、本作はアメリカ、ヨーロッパ、韓国に同時にリリースしている。

もう少し時間が経てば、きちんとしたローカライズを行ってくれるだろう……多分。今のままではそれはそれで面白いがやっぱりきちんとした日本語で、意味を考えることなく読んでいきたいのが本音だ。あと一歩で名作の予感がするゲームだけにこれからのアップデートが非常に楽しみでならない。手軽にオートで遊べて、育成要素が多く、アイテムも自分の手で集めていきたい人におすすめのスマホゲームだ!

よく読まれている記事

同時に読まれている記事

書き込みはこちらから