アプリビレッジ

おすすめのゲーム・スマホアプリの情報やストーリーをホットに公開中!

【ラブプラスEVERY】伝説的な恋愛ゲームがスマホにやってきた。1ヶ月半にも及ぶメンテナンスを抜け、ようやくリスタートだ!

公開:2019年12月11日(最終更新:2020年02月22日)

「ラブプラスEVERY」は2019年10月31日に「KONAMI」からiOS / Android向けにリリースされた、「マナカ」「リンコ」「ネネ」という3人の美少女たちから一人を選んで、真剣に恋をしていく恋愛シミュレーションゲームだ。

ニンテンドーDS版「ラブプラス」が2009年9月3日に発売されると、男性だけでなく女性からも高い支持を得て大人気ゲームとなった。アーケードゲームやメダルゲーム、ソーシャルゲームなど、その人気は留まるところを知らない。しかし、その人気が祟ってか本作「ラブプラスEVERY」のスタートはとても素晴らしいとは言えないところから始まってしまった。

ヒロインが服を着ていない姿で出現し、ゲームが止まってしまったりするなど、致命的にバグに見舞われて、開始早々に緊急メンテナンスに入ってしまう。それから1度は復帰したがすぐにまた落ちて、そして長い沈黙のメンテナンスに入ってしまった。1ヶ月以上に及ぶメンテナンスがあり、このままサービス終了かと思われた本日、2019年12月11日15:00~からメンテナンスが終了し、ようやくゲームにログイン出来るようになった。ずっと待っていただけにようやく記事が書けるのが嬉しい。どんなゲームなのか早速紹介していこう。

国民的なアイドルと言っても過言ではない3人の美少女

「ラブプラス」と言えば、日常パートで主人公ステータスを高めながら、好きな女の子とのイベントをこなして、告白進めていく恋愛要素がたっぷり詰まったゲーム。登場する3人の女の子たちはみんな超がつくほどの美少女でありながら、それぞれがなんらかの悩みを持っている。その悩みを解決に導いていくことで、女の子との関係が進んでいく。そして、彼女たちの魅力にどんどん引き込まれながら、イベントを最後まで進めると感動の告白となり、二人は結ばれる。

まあ、よくあるタイプのちんけ……ケフンケフン、感動的なストーリーだが、ここで終わっていたら、「ラブプラス」が国民的なゲームに発展することはなかっただろう。そう、このゲームの面白さ、本当のスタートは好きな子と結ばれてからにあるのだ。

付き合うまでを「友だちパート」、付き合ってからは「恋人パート」として、ゲームの本質が全く変わる。別のゲームと言っても過言ではないだろう。「恋人パート」ではカノジョの髪型を選んだり、服装に注文つけたり、相手の呼び方を変えたりと、美少女を好きなように自分の色に染めていくことが可能。本作の3人が国民的なアイドルになった理由は、それは自分だけのカノジョになってくれるからだ。

そんな「ラブプラス」を遊ぶ前に忘れない欲しいコトがある。それはリアルタイムと連動していることだ。ずっとアプリを立ち上げずに放置していると怒らせてしまうし、デートをすっぽかしたりしても腹を立ててしまう。リアルの女の子と同じ面倒くささがしっかりと込められている。ゲームをやれば好きなときに愛想良くしてくれる、普通のゲームのヒロインたちとはそもそも毛並みが違う。冷たくしていると、カノジョたちが本当に可愛そうな素振りを見せるので心を痛めることになる。それを理解して遊んで欲しい。


それでは美少女たちを紹介しよう。

高嶺 愛花(たかね まなか/CV:早見沙織)→画像中央
学年:高校2年生、
血液型:A型
誕生日:10月5日
星座:てんびん座
趣味:お菓子作り、ピアノ
主人公の同級生で同じテニス部のチームメイト。文武両道の優等生のお嬢様。だが、周りとの壁があり親しい友だちができないと悩んでいる。

小早川 凛子(こばやかわ りんこ/CV:丹下桜)→画像左
学年:高校1年生
血液型:B型
誕生日:8月17日
星座:しし座
趣味:読書、音楽、ゲーム
主人公の後輩で同じ図書委員。冷めた性格で孤独を求めるような性格だが、そこには秘密があって、両親との関係に悩んでいる。

姉ヶ崎 寧々(あねがさきねね/CV:皆口裕子)→画像右
学年:高校3年生
誕生日:4月20日
星座:おひつじ座
趣味:家事、映画
血液型:O型
主人公の学校の先輩でバイト先のファミレスでも先輩。大人びいた性格と容姿で周りから頼られてしまうが、本当に自分は違っていて悩んでいる。

全員のボイスも過去と同じものになっており、往年のファンには嬉しい限りだ。全員が本当に可愛くて、思わずに焼けてしまう人もいるだろう。しかし、「ラブプラス」では今どきのラノベやアニメでよくある、全ての女の子は主人公のことが大好きという設定は残念ながらあてはまらない。

どんなに平等にイベントを進めていっても、誰か1人と付き合えば、そこで潔く残りの2人はいなくなる。そもそも、この世界に存在なんてしなかったレベルで消えるということを覚えておこう。決してハーレムは作れないので、いい加減な気持ちで付き合うと後悔することになるぞ。真剣に1人を決めて付き合っていこう。

本作からの新しい要素

完全な恋愛シミュレーションゲームだった前作までの「ラブプラス」とは違って、今作からはガチャの要素を組み込んだカードが導入されている。「スクールミッション」で彼氏力を溜められる実にゲームの様なものがあり、それをクリアするのに役立つ。かぶったり、使わないカードは「才能のカケラ変換」を使って、「才能のカケラ」にできる。

カードにはそれぞれ成長ツリーが用意されており、その中で特定マスを「才能のカケラ」で解放できる。いらないカードもメインのカードを育てるために必要になるので、いらないカードは遠慮なく変換していこう。カードを育成できれば、だんだんと難しくなっていく「スクールミッション」を楽にクリア出来るようになるぞ。

ちなみにミニゲームの様な「スクールミッション」にもカノジョとのイベントが発生することもあり、なかなか楽しい。しかし、ミッションに挑戦するには、時間で回復するAPが必要になるので連打はできないので気をつけよう。期間限定のイベントやスマホゲームならでは楽しい企画も盛りだくさん。今後の展開が非常に気になるゲームの1つだ。

まとめというか総評

国民的な人気を誇る美少女たちが出てくるとは言え、発売されてからすでに10年以上経っており、その後も時代は進んでいる。しかし、本作では発売当時のままに現代のスマホに移植してきた。もちろん、グラフィックの制度は格段に上がっているし、背景も音楽も美しい。だが、時代背景までを持ってくることはなかった。そこが惜しい。

今どき流行を勉強して、今どきの女の子になればもっと高い評価を得られただろう。まあ、発売当時を知っているおじさんたちには当時のままの移植の方が喜ばれるので、なかなか難しい問題だ。

長期メンテナンスでお詫びとして「リスタートキャンペーン」が始まっている。ガチャを派手に回せるので早速やってみた。

最高レアは★4で放出確率は3%、決して高いとは言えないが無謀というほどでもない。期待を込めて20連!

面白みのない結果だったので、そのまま2枚をまとめた。こういうガチャって最高レアの数よりもその下、今回で言えば★3の数でガチャへのイメージがかなり変わる。20連やって★3が3枚、10連やれば確定枠が1つあるので、実質1枚しか出ていない。ダメだこりゃ……結構渋いガチャかも知れない。

ここがグッド

  • カノジョを自分の色に染めてあれやこれや好き勝手にカスタマイズできる
  • スマホを開けばいつでもそこにカノジョが待っている
  • AR機能を使った撮影や現実の時間や場所を盛り込んだイベントが最高

ここがイマイチ

  • スマホ全盛期とは思えない時代設定があちらこちらに見られる
  • ガチャで自分のカノジョだけを狙えない
  • デート中、関係ない衣装に変わったり、作り込みが甘い

思い出補正もあり、全体的に見ればかなり好評かなゲーム。長期のメンテナンスがあったが、そこでしっかりとバグ取りを行って、今後に繋げてくれれば何も問題はない。流行やファッション、髪型についても、スマホゲームでなので、今後のアップデートでどうにでもできるだろうし期待は膨らむ一方だ。

友だちパートでは誰と付き合うのか真剣に考えながら、恋人になったら、一緒にどこでも連れて行って、イチャイチャとした時間を楽しんでいこう。自分がカノジョに惚れ込むようにカノジョも自分にかなり依存してくる。いつでもどこでも一緒にいられるカノジョと楽しい恋愛をしたい人におすすめのスマホゲームだ!

よく読まれている記事

同時に読まれている記事

書き込みはこちらから